府中まちコム

この記事について

作成日 2015.04.25

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

レンゲまつり

第15回レンゲ祭り2015年4月25日(土)
 昔懐かしいレンゲ田の風景を残そうと、NPO法人府中かんきょう市民の会が第15回目の「レンゲまつり」を開いた。

 レンゲ田は府中の原風景として「府中30景」のひとつに指定されているが、近年の開発で田んぼが減少し、米作りでもレンゲを肥料として使わなくなっている。そこで市民団体では、今でも米作りを続ける農家の協力で押立地区の田んぼを借り、祭りを開いた。

 紫色の小さなレンゲが咲く田んぼに市民が300人ほどが集まり、レンゲや菜の花などを摘んでの花飾り遊びやコマ作り、布わらじ作りを楽しんだ。府中産の新鮮野菜、ハチミツが飛ぶように売れた。

 そのほか子どもの頃に親しんだ懐かしい草笛作りと演奏や、南京玉すだれなども披露された。人気があったのは「けん玉」遊びで、達人クラスの小学生が盛んに拍手をあびていた。

(舘浩道)