府中まちコム

この記事について

作成日 2015.08.15

この記事の分類 買物レポート, 食料品

盆に来たるは穣りの宴、地場産ブドウ「多摩ゆたか」

多摩ゆたか2015年8月15日(土)
 以前、多摩の地場産ブドウである「高尾」を紹介したが、別の地場産ブドウ「多摩ゆたか」の存在を知ったのはその後。珍しい品種という点に惹かれ、お盆休みにちゅうバス北山町循環線でコマキ農園を訪ねた。

 直売所には、調布市生まれで黄緑が映えるお目当ての「多摩ゆたか」をはじめ、府中太鼓判商品の「藤稔」、甲斐路系列の「ベニバラード」など各種ブドウ、それと夏野菜が並ぶ。「多摩ゆたか」を試食したが、香りはマスカットで味は巨峰という感じ。甘みと酸味が暑さで堪えた喉を潤して実にジューシー。

 ブドウ購入後、農園の方に話しを伺った。昭和38年から市内で最初にブドウ栽培を始め、梨やキウイも育てているそうだ。キウイは大好物なので機会があれば再訪しよう。帰り際、袋の「多摩ゆたか」を見て、改めて良い物を手に入れたと思った。

コマキ農園
府中市西原町3-26-2
℡042-572-6561
ブドウ販売 8:00~17:00(8月~なくなり次第終了)不定休
※営業時間は前後することあり

(永澤康太)