府中まちコム

この記事について

作成日 2015.08.25

この記事の分類 府中絵日記, 習い事・スクール

夏休みに新しいこと、やってみた

Scratch入門教室2015年8月25日(火)
 子供のためのプログラミング入門教室を開いた。
「みんな、きょうは何やりたい?」
「ゲーム、ゲーム」
「えっ、ゲームで遊びたいの」
「ゲームを作りたいっ」

 パソコンを前にした小学生の男の子とお母さん達。まずはブロックリー
http://blockly.xmit.org/apps/maze/index.html?lang=ja の迷路クイズで頭をほぐす。

 「まっすぐ進む」「左を向く」「右を向く」などのブロックを組み合わせて、迷路のライン通りにコマを進める。解けなければやり直し、解ければ「おめでとう」と出て、上級レベルへ。

 親子ペアははじめ緊張気味だったが、慣れてくると気分もほぐれたようで、どんどんレベルを上げた。

 そこで今度はSCRATCH https://scratch.mit.edu/ に挑戦だ。アニメの猫を歩かせる、鳴かせる、色や姿を変えてみるといった基本操作を一通り覚えると、子供達は思い思いにその要素を重ねて複雑な物語を作り上げていく。

 子供達の集中力、吸収力には驚くばかり。大人たじたじ。

 プログラミングは観察力、論理力を養うだけでなく、コミュニケーション能力も育てると言われている。楽しみながら人間としての基礎力をつけていく、そのとっかかりを子供達がつかんでくれたなら、とても嬉しい。
主催:府中まちコム舎
まちコムサロン

(関口まり子)