府中まちコム

この記事について

作成日 2015.09.24

この記事の分類 わたしの作品

藍染めのブックカバー

藍染めのブックカバー2015年9月24日(木)
私が通っている梅の木の家共同作作業所は様々な藍染商品を販売しています。私はブックカバーを担当しています。

梅の木のブックカバーは単行本(A5判)1,700円、バイブル(四六判)1,500円、新書1,300円、文庫1,200円の4つのサイズがそろっています。

表布の藍布も裏布の柄もいろんな種類を豊富にとりそろえているので、男性でも女性でも好みの物が見つかるはずです。

ブックカバーには内にポケットも1つついているので小さいしおりなどを入れて活用してほしいと思います。ポケットにもなるべく絞りの柄が入るよう気をつけています。

どんな本の厚みにも対応できるように開けて左側は袋状にせず、開け放しの布をひもで調整できるようになっています。ひもの柄も内側とのバランスがよくなるよう見せています。

布を縫い合わせる糸も布の藍とあうように紺色の色を使っています。表布の柄の位置のバランスにも気をつけて、表布の柄や色合いとバランスがよくなるよう裏布を決めています。

表布も裏布も多種多様な柄があり、その組み合わせは千差万別、ひとつとして同じ物がないのでとても個性的なブックカバーです。

藍染が好きもそうでない方もこの手作りの個性的な藍染ブックカバーを活用してほしいと思います。

(優木さくら)