府中まちコム

この記事について

作成日 2016.01.31

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

美術館コンサートの舞台裏を覗く

美術館コンサート2016年1月31日(日)
 府中市美術館で子ども向けの音楽会開催。ふとした縁で声をかけられ、裏方を手伝うことになった。

 子どものための文化振興活動を行っている市民団体「府中子ども劇場」が主催したこのミニコンサートは、「ふれあい子どもまつり(3/13ルミエール府中で開催)」の前宣伝を兼ねたアウトリーチ。その様子を動画に記録し、広報に活用したいという。

 美術館に通用口から入るのも、設備運搬用機器や格納の仕組みを見るのも、講義室の全貌を見渡せる上映室に入るのも、子供相手にインタビューするのも初めて。「今日は放送局が撮影に来ています」という開会挨拶の言葉に思わず仲間と顔を見合わせた。おこがましい、恥ずかしい、緊張が走る。

 ゼロ歳児もOKという会場はのっけから赤ん坊の泣き叫ぶ声がこだました。しかし演奏家達はたくみに子供たちを音楽の世界に引きずり込む。呼びかけに応えて3歳の女児が指揮棒を振ったときには、観客から盛大な拍手が沸き起こった。

 今回は撮影協力で参加したのだが、たびたび使命を忘れて大笑い。気が付くと観客と一緒に手拍子を打っていた。その間もスタッフは絶えず場内に目を光らせ、気を配り、忙しく立ち働いていた。その手際良さに感嘆。大いに刺激を受けた一日だった。

Youtube動画
https://youtu.be/i0_X89Zu02I

(関口まり子)