府中まちコム

この記事について

作成日 2016.02.09

この記事の分類 買物レポート, 食料品

青木屋の工場売店

青木屋の工場売店

2016年2月9日(火)
 昼食後、天気がよいので散歩に出かけた。下河原緑道を南下して郷土の森公園の方に向かう。道なりに進めば郷土の森博物館の角に出るが、きょうは途中の分かれ道で左に折れ、新田川緑道に入ろうと思った。

 まわりを見ながらいく途中、青木屋の工場売店を見つけた。青木屋は老舗のお菓子屋だ。明治時代に大国魂神社で商売を始めたと聞いていたが、ここに工場があるとは知らなかった。

 工場の裏手に付属するこのアウトレット店では、少し形が崩れた菓子などを安く販売している。入ると店の人がお茶を出してくれた。

 「武蔵野日誌」の切れ端250g 250円、ドラ焼きの皮10枚200円、栗饅頭3個350円など、安い。が、味はかわらなくおいしい。自分へのごほうびにはびったりだ。ほかに進物用の菓子も販売している。

 散歩の楽しみが増えた。それで、帰りもこの道を通った。

青木屋 郷土の森工場売店
府中市南町6-12-1
http://www.aokiya.net/aokiya_shop.html

(韓 明淑)