府中まちコム

この記事について

作成日 2017.06.26

この記事の分類 府中絵日記, 自然・動植物

桜の間借り者

yadorigi2017年6月26日(月)
 図書館に本を返しにいく帰り、桜通りに面したファミリーマートの前の桜の樹に、違う葉っぱを見つけた。ヤドリギ科のヤドリギではないようだが、何の葉っぱか分からない。くぼみに根付いているようだ。
 樹皮に苔がついたりキノコが生えたりしているのは、樹の力が衰えている証拠で、本当はあまり良いことではないと聞いた。これも良くないことなのだろうか。隣の隣の桜には、黒と黄色のキケンを表すテープが巻かれているし、やはりもう力がないのか。

 しかし、第一小学校脇の伐採された銀杏の切り株からは、新しい銀杏の芽がニョキニョキ生えていた。植物はたくましい。桜の樹になったさくらんぼも鳥に運ばれてどこかで子孫を増やしているのかもしれない。

(浅田るい)