府中まちコム

この記事について

作成日 2017.06.30

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記

大國魂神社の新しい西参道

大國魂神社の新西参道2017年6月30日(金)
 最近まで、府中本町駅から大國魂神社に行くには、坂を下りて府中街道をいったん左折していた。その坂下の眺めが新西参道の出現で一変した。正面に見える石の大きな鳥居をくぐると幅の広い平らな石畳の道がまっすぐ続く。

 この新しい参道はどうやら車のために作ったらしい。坂下の横断歩道が妙にずれた位置にあるのは、つまりヒトよりもクルマ優先を意識して作られたからなのか。車は本町駅方面からも府中街道側からも、歩行者の群れを気にせず、自動車御祓い場に直行できる。

 ケヤキ通りの大鳥居側から見ると、正面の随神門をくぐらずに右手側に出た際が新西参道の反対側出入り口だ。ここは駐車場だし、たぶん行き止まりだろうと思っていたので、これまで滅多に足を踏み入れることはなかった。

 クルマの御祓い場は鬱蒼とした木立の中にある。人間の存在が小さく思えてくる。いかにも神社らしい荘厳な空気が流れているような気がする。

 この神聖な一角が街道に直結した。地球温暖化は嘘だと某国大統領が言っているが、車のために新たな参道を作り、樹木の命を脅かす排気ガスを誘い込むのを、神様も喜んでいるのだろうか。

(田中則夫)