府中まちコム

この記事について

作成日 2017.06.09

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記

古本屋が消えた

古書店が消えた2017年6月9日(金)
 府中駅前の再開発で京王線高架下に仮店舗を構えていた古書店がいつのまにか閉店していた。近くに来るたびに、まだあると確認だけしていたのだが、やはりというか、残念というか、複雑な思いだ。

 駅前の路地中にあったときは何度か手持ちの古書を買い取ってもらった。その金でまた別の本を買うので物々交換のようなものだが、それでも狭い我が家のこと、もっと減らせ、あと何年生きる気かと家人がうるさい。本に埋もれて死ぬ気ですか。

 そのうち大量に買ってもらうからと空約束を繰り返していたが、そうか、とうとう期限が切れたか。しかたない、本に埋もれて死ぬ気です。

(田中則夫)