府中まちコム

この記事について

作成日 2017.06.21

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記

見納めNPOボランティアセンター地下会議室

NPOボランティア活動センター2017年6月21日(水)
 市民団体の交流、支援の場として親しまれてきた府中NPOボランティア活動センターが閉館する。

 グリーンプラザの地階にあったミーティングルームは物置同然で、空調が効かなかったり効き過ぎたり、何かと評判が悪かったが、登録団体の利用料が無料というのが最大の魅力だった。

 緊張感には欠けるがキレイすぎないのも気楽で、例会は大いに話がはずみ、突拍子もないアイデアが飛び出したりした。メンバーの子供達が衝立の向こうのソファで昼寝したり、お絵描きやゲームをしたりしていたのがつい昨日のことのように思い出される。

 この施設は7月からは駅前再開発ビル「ル・シーニュ」の5、6階に府中市市民活動センターとして組織を一新し、再出発する。愛称は「プラッツ」。

 通称「地下会議室」から「プラッツ・オープンスペース」へ。古い上着よさようなら、さみしい夢よさようなら。オンボロソファもさようなら、蛇口付きの流し台も古いミシンも(使うことはなかったが)さようなら。

 我がチームは狭くて古くて、全然おしゃれじゃない、地下の隠れ家の方が似合っているような気もするのだが。

(関口まり子)