府中まちコム

この記事について

作成日 2016.06.30

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

夏越の祓い、大祓式と河原祓戸祭

大祓式と河原祓戸祭2016年6月30日(木)
 時が経つのは早い、というが自分は遅いような早いようなどっちつかずの感じで気付けば今年も折り返し。大國魂神社の茅の輪くぐりで半年分の穢れを落とそうかと参拝した際、大祓式に誰でも参列できることを知った。せっかくなのでしっかり祓うことにしよう。

 300円を納めると切麻を渡された。式が始まる前に宮司から説明があり、大祓式の後に行われる河原祓戸祭において、昭和37年以来中止していた多摩川に人形を流す神事を、今年より境内に整えた小川で再開するらしい。

 祝詞があげられ式は厳かに進み、肩に切麻をパラパラ。場所を移動し幾つかの神事の後、人形を頂いてそれに穢れを移す。夏越の祓いは穢れを祓うだけでなく、心機一転をはかる為にあるとも宮司が言っていた。流れていく人形を見ながら「あと半年がんばろう、がんばらねば」と考えさせられる。いや、少し力み過ぎか。

(永澤康太)