府中まちコム

この記事について

作成日 2016.10.23

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

「谷川俊太郎に聞く」を聴く

谷川俊太郎講演会2016年10月23日(日)
 「ことばが繋ぐもの - 谷川俊太郎と詩の宇宙」と題する講演会が生涯学習センターで開かれた。一人で喋るのはきついが対談形式ならということで実現したというこのイベント、朗読あり、音楽あり、業界ウラ話ありで、サービス満点の座談会だった。

 谷川俊太郎は今風の言葉ならチャラい爺さんとでも言おうか、軽妙な話術がまるでお笑い芸人のようで、会場はたびたび笑いに包まれた。音楽CDが予定通りに動かなくなったときはさっと立ち上がって機械を覗きに行ったり、「じゃあ、何か読みましょうか」と気さくに朗読を始める。

 会場には遠方から「追っかけ」ファンが来ていたらしい。平明な言葉で深遠な中身の詩を書く人として多くの人に人気があるというが、この軽いノリが受けるのかもしれない。

 自由闊達な詩人の魅力もなかなかだが、聞き手役にも好感が持てた。2時間の長丁場を持たせるには大量の資料を読み込み、念入りに準備したに違いない。おかげで谷川俊太郎の人となりや詩作の根源がストレートに伝わってきた。

 かっぱかっぱらった…などの絵本を読んで育った我が家の子ども達も誘ってやればよかったかも。

(関口まり子)