府中まちコム

この記事について

作成日 2019.04.29

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記

府中第一小学校前の歩道橋完成

2019年4月29日(月)

 架替え工事のため、しばらく渡ることができなかった甲州街道の「寿橋」がいつのまにか完成していた。工事の人が作業で橋を行き来するのを何度か見かけてはいたが、今日、野球帽をかぶった青年が渡るのが遠目に見えたので、開通を知った。

 新しい歩道橋はやっぱりきれいだ。幅も広くなった。反対方向に行く人とすれ違うこともできる。昇降を負担に感じていた足も、気のせいか、軽くなるような気がした。

 以前は南側の階段が歩道の幅を半分ほど占領していたので、自転車が続けて来たりすると待機していなければならなかった。新しい歩道橋は登り口が歩道にかかっていないので、ゆとりを感じる。このスペースはしばらく空き地だった。前は何があったのかまったく思い出せない。

 町の景色がどんどん変わっていく。橋の上から見渡すと高い建物が確実に増えているのがわかる。昔はここから遥か遠くの山々が見えていたのではないか。

 一小側を降りようとしたとき古めかしい銘板が目に入った。おっ、これだけは健在。何と書いてあるかはともかく、捨てられないでよかった。そんなふうに思うのはちょっと年寄りくさいかしら。

(関口まり子)