府中まちコム

この記事について

作成日 2020.04.09

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記

花の力

2020年4月9日(木)

 新型コロナウィルス感染の拡大が止まらない。7日に出た緊急事態宣言を受けて休業を決めた店もあるらしいが、府中の街なかはまだ普段とあまり変わらないようにも見える。

 桜通りも、人の姿が完全に消えたというほどではない。桜はほとんど散ってしまっているが、いつもと同じ落ち着いた雰囲気だ。

 通りの中ほどにある美容院の前を通りかかったら、路上にスタンド花が並べられていた。手書きのカードが添えられている。

「お好きなお花がございましたら、ご自由にお持ちください」

 ついこの前通りかかったときは工事中だった。祝いの花がまだ生き生きとしているところを見ると、開業してまだ日が浅いようだ。

 予期せぬ出来事で休業することになったが、たくさんの花を枯らすに忍びず、通りがかりの人に分けてくれるということなのだろうと勝手に解釈する。気の毒でもあり、ありがたくもあり、それではと小ぶりの花を数本いただくことにした。

 帰る途中少し萎れ始めたが、食卓のコップに挿すとたちまちシャキッと伸びた。明るく晴れやかな空気が放射状に広がった。食事がおいしい。花が元気と慰めを与えてくれることに遅まきながら気が付いた。

(関口まり子)