府中まちコム

この記事について

作成日 2016.02.15

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

おもしろ楽器ワールド

おもしろ楽器ワールド2016年2月15日(月)
 一般のコンサート会場から締め出しを食らっている幼い子供たちに音楽の楽しさを肌で感じてもらおうと、出前コンサートが中央文化センターのひばりホールで開かれた。

 子供たちは遊園地の着ぐるみショーを知っていても、屋内の舞台設備や階段状の椅子には馴染みが薄いようで、待つのに飽きると遠慮なく舞台によじ登ったり、走り回ったり、泣き叫んだり。つくづく素直。

 しかし音楽が鳴り始めると、言われなくても身体を揺らし、ペットボトルとビーズ玉のお手製シェーカーを振って、おもしろワールドに入り込んでいく。

 劇場には不思議な力がある。身動き取れずに座っているだけなのに、数メートル先の舞台で繰り広げられているダンスや演奏を見ているうち、身も心もそこに取り込まれ、そして開放されていくような気がする。

 小さい子がいるために劇場に行く機会を阻まれている若い親たちにも、じいじ、ばあばの世代にとっても、こんな音楽会がもっとあったらよいと思った。

 早期英才教育にやっきとなって妊娠中からクラシック漬けの毎日を送る女性もいると聞くが、子供の感性を育てたいなら、おとなも無心になって劇場文化を楽しむことがその第一歩だろう。

 3月13日(日)には「ふれあいこどもまつり」もルミエール府中で開催される。皆さん、お楽しみに。

Youtube「おもしろ楽器ワールド」
https://www.youtube.com/watch?v=_Dl45X-UHBk

(関口まり子)