府中まちコム | 東京都府中市の今を伝える暮らしのウェブマガジン
府中まちコム

東京都府中市の今を伝える暮らしのウェブマガジン

運転免許認知機能検査、イラスト64個覚えられない

2024年5月20日(月) 運転免許の更新時期を迎えた友人達が次々免許を返納している。高齢者のブレーキ踏み違え事故が報道されるたびに家族も当人も不安が増すのだ。 実は最近、約束の日時やモノの名前をよく間違える。機敏に動け…

バッハのパルティータとバルトホールギターフェス

2024年5月6日(月) GW最終日バルトホールの府中deギターフェスに参加しました。 われわれのギターアンサンブルマディーニ、丁寧にもてなす意味のスペイン語、もとい津軽弁マデニーです。金木の太宰治物産館の名前にも。 コ…

「日本一役に立たない!?教養講座」第33回のご案内

数学教育や理科教育の本質というものは、じっくりとその奥を見つめてみると大変興味深いものであるのですが、文系・理系という従来の教科分離枠の概念に縛られてしまうと、 大切なものが見えなくなってしまいます。そこで、今回の講座に…

時の流れゆくままに・39

「天使の辞典」草稿より抜粋 (ウイルス)地球上にあって偉そうに振舞う人間どもの傲慢さを諌めるために、折々大自然から遣わされる隠れた使者であり、人間に憑依(ひょうい)しその命を奪うことをも厭わない。一個体としては短命である…

府中公園で鶯の声を聞く

2024年4月29日(月) 朝、府中公園の縁石に腰を下ろして休んでいたら、ホーホケキョ、ホーホケキョと、いやにしつこい鳥の鳴き声。誰かがスピーカーで流しているのかと疑ったが、どうやら本物らしかった。 あらためて季節の移ろ…

時の流れゆくままに・38

明治期の海外名著のひとつに、米国の作家、アンブローズ・ビアスの「悪魔の辞典」という作品がある。あの大文豪、芥川龍之介も原書でそれを愛読したというほどに著名な作品ゆえ、辛辣な風刺の数々に溢れるその内容については、今更私が述…

府中にもあったらいいな、安心コール

2024年4月3日(水) ランチの約束をしていた知人から遅れるとの電話があった。一人暮らしをしている高齢の姉と連絡がとれないので、様子を見にいかなければならないかも知れないという。 前の晩にお姉さんの居住している区の安心…