府中まちコム

この記事について

作成日 2016.09.10

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

生涯学習フェスティバル2016

生涯学習フェスティバル20162016年9月10日(土)
 市民グループの発表会を見に生涯学習センターへ。作品展示やワークショップに加え、さまざまなパフォーマンスが賑やかに繰り広げられ、あちこちで歓声が響いていた。

 講堂では手作りビデオ作品が上映されていた。25人ほどの観客が大型スクリーンを身動きもせず見つめている。後ろ姿から拝するにほとんど高齢者。作者またはお身内の方々か。

 番組表によると作品は全部で17本あり、最長で18分、最短5分。家族の古い写真を並べたエッセイ風の作品は画面の比率を考慮していないのか、人物の顔が妙に膨れている。別の作品では、見ればわかるのに「こちらの道からも人がやってきました」的な解説テロップが入る。編集次第でもっとおもしろくできるのにとヤキモキした。が、眺めているうちに技術の巧拙はどうでもよくなった。

 高度なテクニックを駆使し、実用情報を簡潔に教えてくれる、気の利いたYoutube動画に比べれば、発表作品は見せ方の工夫という点で物足りない部分もある。けれども、だいじなのは表現したいものが本当にあるかどうかなのだろう。道具と技術につい目が行ってしまう悪癖をつくづく反省。ほんの数本しか見ることができなかったが、最初から全部見ればよかったと悔やんだ。

(関口まり子)