府中まちコム

この記事について

作成日 2019.02.09

この記事の分類 ICT, 府中絵日記

デジタル・ディバイド後

2019年2月9日(土)

 我が家には大学受験中の息子がいる。今日は最初の発表の日、仕事中に5分ほど時間を貰い、サイトにアクセスして発表を確認、LINEで家族に伝える。

 正月明けから暫くは願書提出の準備に追われていた。大学によってシステム様式がさまざまな上に、メールアドレス登録から受験要項印刷、写真アップロード、受験料振込、書類発送と怒涛の手続き。

 ネットもPCもお手の物なので1件2件なら簡単だが、一つの大学の一つの学部試験でも、センター併用だの全学科統一だの一般だので、都合4~5回受験できるようになっているからたまらない。

 途中で、これなら紙のほうがよほど楽なのではないかと思い、調べてみたらネット出願以外の選択肢が存在していなかった。Q&Aに赤字で「紙媒体の願書や要項はございません」とある。

 中学のとき「うちは絶対にスマホを持たせません。私も持ちません」と仰っていた方はどうしているのだろうか。市内では未だに様々なイベントの申込みなどに、往復はがきやFAXで対応しているが、それはいつまでなのだろう。

 既に世界が変わっていたことに衝撃を受けた。

(浅田るい)