府中まちコム

この記事について

作成日 2016.12.03

この記事の分類 場所・施設, 府中絵日記, 自然・動植物

そこにあるもの

イチョウ並木
2016年12月3日(土)
 市内のあちこちで木が伐採されているようだ。落木のせいで怪我をした人がいたとのことで、危険を未然に防ぐためと聞いた。第一小学校脇のイチョウ並木も、暫く前にまるごと伐採されていて、ショックを受けた。

 沈丁花、くちなし、金木犀の香りが、ツツジの白の、銀杏の黄金の、紅葉の赤の彩りが、日々の仕事に忙殺される私に、四季の移り変わりを教えてくれる。

 唐突に開けた空間が、失うということは、つまりこういうことなのだと教えてくれる。ごく当然に、ただ普通に、そこにあるものが、いかに大切なものであるか、を。

(浅田るい)