府中まちコム

この記事について

作成日 2016.09.10

この記事の分類 府中絵日記, 美術・工芸

とことん! 夏のびじゅつ(じ)かん

府中市美術館2016年9月10日(土)
 夏休み中の子供向けに企画されたらしい展覧会を見に府中市美術館に行った。もはや夏休み気分ではないからか、自由にクレヨンを使えるコーナーにも子供の姿はまばらだ。

 目を凝らすと絵画の中に隠れた動物の姿が浮かんで見えてくる。花をテーマにした絵の前には花の香りの液体が並び、自由に匂いをかぐことができる。カフェの中をガラス越しに見ている絵の場合は、絵と同じような書割がセットされていて、自由に写真を撮ってもよいという。

 五感をフルに働かせて絵を見てみようとの提案は、ポスターの文言からもよくわかる。「おとなも」という言葉に惹かれて私も入ったのだ。しかし、おとなだけでなく子供も、これで本当に絵を見る喜びを味わえるのだろうか。

 夏休みの学童向けなら、世界の美術を一望できるような展覧会というのはどうだろうか。模写でも写真でもよいから、古今東西の名画を紹介し、それらの絵画がなぜ人々に愛されているのか、あるいは一部の人達に受け入れられたり嫌われたりしたのか、歴史の背景も含めてわかりやすく紹介してくれたら、美術に無知な私の夏休み自由研究テーマになるのだが。

(田中則夫)