府中まちコム

この記事について

作成日 2018.06.30

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

ICTで拓く未来 ー NICTオープンハウス2018

180630NICTオープンハウス2018年6月30日(土)
 小金井市貫井のNICT(情報通信研究機構)で29日、30日の2日間にわたって開かれた施設一般公開行事「NICTオープンハウス2018」を見に行った。

 小金井市の町おこしという側面もあるらしいが、来場者のほとんどはICT(情報通信技術)関連の開発研究やビジネスに携わる人々のようで、年配の女性も見かけはしたが、皆さん颯爽としていて知的に見える。

 やだ、場違いなところに紛れ込んだかと思いつつ、ホールに設置されていたフーコーの振り子を眺めていたら、何となく安心した。小学生の頃はこれでも「理系女子」で上野の科学博物館にしょっちゅう行っていた。フーコーの振り子、妙に懐かしい。

 「鉄腕アトム」に胸踊らせた世代だ。ICTもIoT(モノのインターネット)も複雑で広範すぎて、我がレトロ頭で理解できる範囲をはるかに超えていると感じる。

 けれども遠方から来たという方も含め、研究者やベンチャー企業の皆さんが親切に解説してくれたおかげで、「スマート社会」の一端を垣間見る気がした。ドローンで原発事故現場を探査するとか、地球上をネズミのように走りまくるサイバー攻撃通信とか、AI(人工知能)で社会がどう変わるのかとか、興味がますます広がった。

(関口まり子)