府中まちコム

この記事について

作成日 2018.08.22

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

アニメは簡単に作れます?

アニメーションを作ってみよう2018年8月22日(水)
 最近ショートアニメをよく目にする。TVコマーシャルやドラマのタイトルなどにも数多くアニメが使われている。親近感や訴求力が増すことから、商用のプレゼンだけでなく学習教材などにも今後ますますアニメが採り入れられていくだろう。

 というわけで、「お金も知識も技術も根性も不要」という前宣伝のもと、アニメ作りワークショップを府中まちコム舎が開いた。参加者の年齢層は小学生から中高年までと幅広い。当然ながらアニメに抱く想いもパソコン習熟度も大きく異なる。果たして2時間足らずの時間内に全員が作品を完成させ、発表し合うところまで行けるだろうか。

 不安は吹っ飛んだ。促すまでもなく皆真剣な表情で作業に没頭し、時間内にアニメを作り上げた。内容も完成度もまちまちではあるが、作品にはおのずと個性が滲み出る。共感の笑いと拍手が起きた。

 描きたいことがあるか。描いてみたいか。すべてはそこから始まる。高額ソフトや技術や知識は二の次なのだ。

 ただ、アニメを表現手段のひとつとして見るならば、他の芸術表現と同様、とてつもなく奥が深い。この先の一歩をどう進めるか。簡単ではない課題が新たに眼の前に現れ出た。

 よっしゃー、ワクワクせずにいられない。

(関口まり子)

※詳しい報告は「ふちゅうITサロン」をご覧下さい。