府中まちコム

この記事について

作成日 2018.11.24

この記事の分類 イベント・祭り, 府中絵日記

国司館と家康御殿史跡広場オープン

国司館と家康御殿史跡広場2018年11月24日(土)
 府中本町駅前の、以前ヨーカドーの駐車場があった場所が整備されて史跡広場になった。円柱が何本も建つ光景は大國魂神社西側の「武蔵国府跡国衙地区」の赤い円柱の並ぶ姿と対を成しているようだ。

 どちらもわずかな発掘調査出土品に想像と推測を補って再現したものなのだろうが、ロマンを掻き立てられる。オープンイベントがあるというので早速行ってみた。

 VR(バーチャルリアリティ)器具を使って、国司館で蹴鞠をする人々の画像などを見ることができると聞いて楽しみにしていたのだが、デモンストレーション体験は来賓が対象だとのこと。焼き鳥やだんごの屋台が並んではいるが、確かに礼服に身を包んだ議員らしき人々が目立った。

 グランドオープンは25日で、前日の今日はプレオープンの記念式典というわけらしい。3時からという一般向けVR体験のために出直すのも面倒なので、柱のグループと10分の1スケールの復元模型を見て帰ることにした。館の模型を除けば、だだっ広い土地に柱を立てただけのようにも見えるのだが、史跡とはこんなものだろうか。

(田中則夫)