府中まちコム

この記事について

作成日 2018.11.27

この記事の分類 府中絵日記, 美術・工芸

絵心の会展

絵心の会展

2018年11月27日(火)

 いつも府中市内で展覧会を開いていた絵のグループが今回は永山ベルブギャラリーで作品を発表している。小田急線永山駅のすぐ近くにある永山公民館は多摩市の施設。ギャラリーは入り口から目のつく場所にあるのでふらっと立ち寄る人も多いらしい。

 以前は府中駅を降りてすぐ目の前にギャラリーがあった。芸術や手工芸にあまり関心のなさそうな人達にも作品を見てもらえる絶好の立地なので、手芸サークルなどの知人にも利用を勧めていたのだが、いつの間にか道路に面した場所から奥に引っ込み、展示面積も狭まり、とうとう消えた。

 で、案内状を手に永山まで出かけた。絵の会を主宰する佐藤基容志さんに聞くまでもなく、作品を発表している皆さんの上達ぶりは眩しいほどだ。見る楽しみはそこにもある。電車に乗って出かけていくのも、たまにはいい。

(関口まり子)