府中まちコム

この記事について

作成日 2019.02.09

この記事の分類 府中絵日記, 美術・工芸

お花畑のおり機・みこさんのさき織り展

みこさんのさき織り展

2019年2月9日(土)

 小平市の障害者支援施設「おだまき工房」で開催中の「本間美湖さんのさき織り展」を見に行った。会場は国分寺駅から西武多摩湖線で一駅目の一橋学園駅から徒歩5分、商店街の突き当りにある。

 「おだまき工房」では寄贈された古い布を裂いて織り、バッグや小物を作っている。ここで作られているバッグ類は丈夫で軽く、色合いがきれいと評判で、今回の展示即売会も多くの人が訪れたという。今日は最終日で、展示品が残り少なくなってしまったと職員らしき女性が申し訳なさそうに案内してくれた。噂通り、色使いが温かく、しかもモダンだ。人気が高いのも頷ける。

 裂き織りは古い布を5ミリ幅に裂いて織る。着古した服や着物の処分を考えているなら寄贈いただければありがたいとのこと。切ったり裂いたりせずそのままポンと着払いで送っていいのだそうだ。

 ここではオーダーメイドも受け付けているという。お気に入りの衣服や形見の着物を材料に、好きな形のバッグを作ってくれるとのこと。贅沢かもしれないが、こういう贅沢なら一度くらいは味わってみたい気がした。

社会福祉法人つむぎ おだまき工房

(関口まり子)