府中まちコム

この記事について

作成日 2019.02.26

この記事の分類 府中絵日記, 美術・工芸

ギャラリー&ショップともえ屋で漆喰の壁塗り体験

2019年2月26日(火)

 栄町交番前交差点近くのギャラリーで本職の左官屋さんによる壁塗り体験のイベントがあるとタウン紙で見た。近くに買い物に行くついでにどんなショップなのか場所だけでも確かめておこうというつもりで自転車を止めたら、「壁塗りをやっていきませんか」と声をかけられた。

 誘われるまま中に入ると、上着と手袋を貸してくれた。壁際に設置された木枠を額に見立て、コテで漆喰を塗っていく。真っ平らに塗ろうとしても、あちこちにボテボテのムラができる。それでも時間を忘れるほど楽しく感じるのは、漆喰塗りが子供の頃の無心な泥遊びにどこか似ているからか。

 ギャラリー&ショップともえ屋はオーナーである巴玲子さんが実家を改造して昨年11月に開いた。欄間やダイヤモンドガラス戸などの建具を活かした造作が魅力的だ。このリフォームを請け負ったのが左官職人の森田さん、今回のワークショップの講師でもある。年代物の建具は森田さんが持っていたものという。

 これまで開かれた展覧会の写真を見せていただいた。絵画などのアート作品だけでなく、おしゃれなアクセサリーや小物がずらり。知らなかったとは言え、見逃してしまったのは残念。次の企画が楽しみだ。

(関口まり子)