府中まちコム

映画評

引っ越しについて

2019年10月24日(木)  『引っ越し大名』を見ました。これは大変だなと。徳川時代、体制を確立していく上で国替えが盛んに行われていました。松平直矩は生涯7回引っ越したというのですが、とにかくお金がかかるのです。悩まし…

走る、走る

2019年9月14日(土)  ここ数年「走る」ことを取り上げた映画が数本ありました。『メイズ・ランナー(1~3)』そして『超高速!参勤交代(1~2)』ともにヒットしました。そして今年上映された『サムライマラソン』。この映…

映画評より

公共図書館の未来

2019年5月23日(木)  読みたい本が図書館で長期間予約待ち状態なら書店で買って数日で読み切り、さっさとメルカリで売るべしと仲間に助言された、そのすぐ後に、神田の岩波ホールでドキュメンタリー映画『ニューヨーク公共図書…

『ボヘミアン・ラプソディ』

2019年1月3日(木)  府中のTOHOシネマズで『ボヘミアン・ラプソディ』を見た。1970年代から80年代にかけて人気を博した英国のロックバンド「クイーン」を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーに焦点を当てて描い…

日日是好日

2018年11月7日(水)  樹木希林さんの最後の映画となった『日日是好日』の中で雨のシーンが数回出てきます。この映画、四季彩(いろど)りを映すシーンも多く、茶室から見える障子ごしの四季も、女優さんの静の動きに華をそえて…

不便さを求めない社会

2018年1月10日(水)  路上に捨てられた携帯、置き去りにされた車、動かない電車、物がないスーパーなどなど、ある日突然電気がなくなり、慣れ親しんできた便利な都市生活がもろく崩れ去っていく。  昨年二月に公開された「サ…

映画館に足を運ぶ理由

2016年10月30日(日)  映画には人を楽しませてくれる仕掛けがあります。スクリーンから聞こえてくる音や映像、そして音楽、それらが一体となって観客をイメージの世界へと導いてくれます。  アクション映画やSFに見られる…